南城壁

ホステルから徒歩10分ほどにある、城壁の南入り口から入る。

先日、同室の女の子から勧められた日没に合わせて向かう。

西安最後の夜スタート。

永寧門から入る。立派な門。

光が川面に反射して綺麗。

整っている。

日中に降った雨が地面にたまり、赤提灯の光を写している。幻想的。

トンネルを潜って…

広場に出ると城壁の上に建てられた立派な建造物が顔を出す。

城壁の上からの眺め。街の喧騒を上から眺める、何とも不思議な感じ。

城壁の上には可愛らしくライトアップされた建物が等間隔で並んでいる。壮観。

街の光が、霧でぼやけて妖艶な雰囲気を醸し出す。

屋根の先には…

かわいい…。

かっこいい。

暗闇の中に浮かぶ赤提灯。

城壁の上の通路は案外広い。

いいね〜。

かわいい案内板。

鐘と夜景。

圧巻。

良い〜。

公園とビルと城壁。このコントラストにそそられる。

ここもすっかり夜の顔。

凄まじい光を発している。あれは一体なんだ?明るすぎて何も見えなかった。

街中の夜景。

下城。大満足。

明日は北京!

カテゴリー: 旅行

Airi Tabei

田部井 愛理(たべい あいり) 1994年生まれ。 世界一周、ロードトリップ(アメリカ西海岸往復、アメリカ横断、アメリカ国立公園巡り)達成。 日本の大学を休学し、シアトルへ留学。 アメリカ生活が楽しくなり、日本の大学を中退してシアトルのHighline College (短大)でHospitality and Tourism Managementを専攻。卒業後はUniversity of Washington Tacoma(ワシントン大学)に編入しArts, Media and Cultureを専攻、卒業。 ニューヨークで、週間情報紙「ニューヨークBiz!」で1年間OPTとして働いた後、日本に帰国。

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。