今回は、本屋の紹介ではなく、トルコのカッパドキアにある小さな街、ユルギュップで日本語の本を見かけた話。

Merkez Yahya Efendi Cami

ユルギュップの街中にそびえ立つ丘、テメンニ・テペシ(Temenni Tepesi)への道中で、レンガの塀に囲まれたモスクを発見。

この建物だけ異様に風格があり、外観に惹かれて門を潜ってみる。

(写真を撮り忘れたため、ぜひ見出しの赤文字をクリックしてみて下さい!リンク先はGoogle mapへ飛びます。)

テメンニ・テペシの丘。
この丘の中腹にモスクがある。
このモスクの名前はMerkez Yahya Efendi Cami。
門のすぐ横にイスラム教に関する本が飾られている。
持ち歩いているスカーフを頭に巻いて、門を潜る。
中庭。
外側の世界から切り取られた様な雰囲気。
外の声も聞こえない。

恐る恐る正面の入り口から建物の中に入る。

木製で温かみのあるミフラーブとミンバル。

モスクの中には、二人のおじさんがいた。

軽く挨拶をしたら出身地を尋ねられ、日本から来たことを伝えるとなぜか部屋の奥へ行ってしまった。

しばらくしたら数冊の本を手に持って戻ってきた。そしてなぜかそれらを私に渡してくる。

表紙を見ると、どれも日本語で書かれたイスラム教に関する本だった。

こんな所で日本語を目にするとは想像もしていなかったため、かなり驚いた。

おじさんは、「無料だからぜひ持って帰って」と良心から言ってくれたが、これ全部受け取るとなると、旅中はかさばるし重いしで断る。

でも、どうしても持って帰ってもらいたい様で、断っても全然引き下がってくれない。

捨てるわけにもいかないし困ったなと思っていたら、「これから僕はアザーン(イスラム教の礼拝)が始まるから中に入るけど、ゆっくりしていってね」と奥に行ってしまった。

急にポツンと取り残された。

せっかくなので、一番小さい右上の単語帳サイズのものは持ち帰った。
壁際には書籍コーナー。
どさくさに紛れて、ササッと戻しておく。
日本語の他にも、英語、中国語、韓国語の書籍が並んでいた。

ちなみに、このモスクには長い歴史がある。

1400年代、この建物はイスラム教を学ぶ学校「マドラサ」として建設された。

その後長い年月を経て、1940年〜1964年は刑務所として使われていた。

そして、1964年以降はモスクとして現在もその役割を果たしている。

岩と木が調和した、素敵なモスクだった。

Merkez Yahya Efendi Cami

Temenni Mahallesi, Ahmet Refik Cd. No:50, 50400 Ürgüp/Nevşehir, Turkey

テメンニ・テペシの頂上にある、小さな図書館。

テメンニ・テペシの丘の頂上には、休憩所のような建物がある。

建物の裏側。入り口は撮り忘れた。

中に入ってみると、たくさんの本で部屋が埋め尽くされていた。

本の貸し出しは出来るかどうか分からないが、その場で読むことができる。

ここでは日本に関する本を見つけることができなかったが、もしかしたらあるかもしれない。

写真右上の棚の上に、トルコ国旗と男性が表紙に描かれた本が置かれている。
この本を他の本屋さんでも見たような気がして、この人物は誰なのかを調べてみる。
すると、トルコの初代大統領ムスタファ・ケマル・アタテュルク(1881-1938)ということが判明。
彼の名字にもしやと思いさらに調べると、トルコ最大の空港、アタテュルク国際空港は彼の名字である「アタテュルク」から由来することも分かった。
トルコを語る上で欠かせない人物だ。
おしゃれなラック。
トルコの書籍。
ほとんどペーパーバック。
何についての本なのかは不明。
ドーム型の小さな部屋。
まるで誰かが住んでいるかのような感じ。
写真もたくさん飾られている。

Temenni Tepesi

Temenni Mahallesi, Kılıç Arslan Cd. No:21, 50400 Ürgüp/Nevşehir, Turkey

↓↓この記事が「良かったよ」という人は応援クリックお願いします!


一人旅ランキング

こちらもぜひ!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


Airi Tabei

田部井 愛理(たべい あいり) 1994年生まれ。 世界一周、ロードトリップ(アメリカ西海岸往復、国立公園)達成。 日本の大学を休学し、シアトルへ留学。 アメリカ生活が楽しくなり、日本の大学を中退してアメリカのカレッジ(短大)を卒業。 現在はUniversity of Washington TacomaでArts, Media and Cultureを専攻。 トラベルライターを志す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です