雪国から南国へ

この日は全国で雪が降っていました。

九州の北部も雪で寒そうだったので、九州の中で唯一天気が良かった宮崎へ行ってきました。

 

大分の駅のホームには、かぼすの広告。

 

 

 

大分の「別府駅」から特急で片道4000円ちょい、3時間15分ほどかけて「宮崎駅」へ。

 

 

 

 

 

自由席でしたが、余裕で座れました。

 

 

 

車窓から外を眺めると、辺りは雪景色。

 

 

 

 

安直な考えですが、「雪と列車」で、川端康成の『雪国』の冒頭を連想してました。

 

『雪国』では雪の降っている地域、新潟へ行くのに対し、私の方は南国、宮崎へ。

 

小説とは正反対で、トンネルを抜けるごとに天気が良くなっていきました。

 

 

宮崎に入ると、日が出てきた。

 

 

 

かぼすハイボール九州しょうゆ味のポテチ、本で列車旅。最高。

 

 

 

 

 

宮崎到着!

 

 

夕方 になり、宮崎駅に着きました。

 

 

 

 

たくさんの球団がキャンプに訪れるみたい。

 

 

 

宮崎出身の友達、タクシーの運ちゃんにおすすめを聞くと、二人ともチキン南蛮発祥店「おぐら」と、県南ドライブ、特に「日南海岸」を勧めてくれました。

 

 

寒くなければ、日南海岸や、日本の神話にゆかりのある「高千穂」へ行きたかったのですが、今回は断念。

 

 

 

とりあえずその日は長旅で疲れていたので、チキン南蛮を食べる日に決めました。

 

 

 

あとはノープランで、宮崎駅周辺をプラプラお散歩です。

 

 

全国で一番安いらしい床屋。

 

 

ヤシの木が道路に並んでいる。南国っぽい。

 

 

 

本屋さん巡りをしたりしてお腹を空かせ、チキン南蛮のために万全の準備を整えていました。

 

 

 

 

 

宮崎名物、チキン南蛮とご対面

チキン南蛮が発祥したお店「おぐら本店」へ。

 

閉店40分前に着いたにもかかわらず、すでにチキン南蛮は売り切れていました。

 

 

 

とても悲しかったのですが、何が何でも食べたかったので、すぐに他の店舗に電話で確認すると、まだ注文できるとのこと。

 

 

徒歩30分、急いで向かいました。

 

 

 

 

チカチカしたライトで外装は派手で、一瞬本当に合ってるのか不安になりましたがとりあえず入店。

 

オブジェなど、内装の雰囲気が全然今風に凝ってる様子がなく、個性が出すぎてるところがステキでした。とても好きです。

 

 

冷え切って歩き疲れた私を、ビールがお出迎え。ありがとう。

 

 

 

注文してから、けっこう待ちました。

 

その分、一から手作りしてるんだろうなって思います。

 

 

 

タルタルソースが格別。おいしすぎて感動もの。

 

 

旅先の名物料理を食べれて、満腹で幸せな気分のまま、ホテルへ。

 

 

 

そういえば泊まっていたホテルに、大宮アルディージャのポスターやらユニフォームがたくさん飾ってありました。アルディージャもキャンプに来ているみたいです。

元大宮市民なので、勝手に親近感がわきました。応援しています。

 

 

 

 

先日泊まった別府の宿に物を忘れてしまったので、次の日は大分に宿泊が決まりました。

 

その翌日は、そのまま北上して福岡に行きます。

カテゴリー: 旅行飲食

Airi Tabei

田部井 愛理(たべい あいり) 1994年生まれ。 世界一周、ロードトリップ(アメリカ西海岸往復、国立公園)達成。 日本の大学を休学し、シアトルへ留学。 アメリカ生活が楽しくなり、日本の大学を中退してアメリカのカレッジ(短大)を卒業。 現在はUniversity of Washington TacomaでArts, Media and Cultureを専攻。 トラベルライターを志す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です