また今日も、夜更かしコースから抜け出せません。

こんばんは、田部井愛理です。

私は今、ワシントン州のシアトル近郊にあるHighline College(ハイライン・カレッジ)という2年制の大学に通っています。AA(The Associate of Arts degree)取得に向け日々奮闘中です。

アメリカの準学士には、私が知っている限り、AAとAASの2種類が存在します。前にこの違いについてインターネットで詳しく調べようとしたところ、日本語の情報がほとんどなかったので、私が独自に解説しようと思います。
一学生の意見ですので、正式な情報を知りたい方は、直接エージェント等にご相談、ご確認ください。

 

日本でいう「準学士」は、アメリカではAssociate Degreeといい、その中でもAAとAASに分類されます。他にも種類があるのかもしれませんが、私はこの2つしか知りません。

 

1つは、先に述べたAAというもの。これは主にアメリカの4年制の大学へトランスファーを考えている人向けのカリキュラムになっています。自分のメジャーだけでなく、一般教養を高めることを念頭においています。

 

例えば、私はHospitality & Tourism Management(以下、ホスピ)という、エアラインやホテル、または観光について学ぶメジャーを専攻しています。ここでは、ホスピに関する授業を4つだけ受講します。あとは、数学、英語、芸術、体育、社会学、心理学、理科といった幅広い分野において、それぞれ3つほど授業を取ります。主に、1クラス5クレジットで、卒業するには90クレジット必要なので、総合的に見てホスピの割合はとても少ないです。
私は約2年前にホスピは取り終わっており、今クオーターはCeramics(陶芸)、Zumba(ズンバ)、Marine Biology(海洋生物学)の授業を取っているので、時々、自分がホスピ専攻ではない気がしてきます。

 

私がAAを選んだ理由は、単にホスピの授業に興味が無くなったからです。
留学する前、日本でエージェントから「ホスピの授業がとても人気だそうですよ」という言葉を聞き、その場でこのメジャーに決めました。もともと旅行が大好きだったので、「観光業を学べる」ということに非常にワクワクしていました。

 

しかし、いざ入学し、受講してみると自分が思っていたものとまるで違いました。
まず、このメジャーのどのクラスを取っても、日本人生徒が9割越え。これには正直びっくりしました。別に、「留学しに来ているんだから、日本人となるべくつるまないで、日本語は極力使いたくない!」みたいな意識はあんまり無かったのですが、「さすがにこれはいかがなものか」と考えさせられました。

 

私自身、日本人コミュニティーはとても大事だと思っています。何か緊急事態が起きたり、困った時に頼りになるのは、自分より長く住んでいる日本人の情報であることがほとんどです。「英語で全部解決できるよ」という方ももちろんいらっしゃると思いますが、残念ながら私はまだその境地に達していません。
日本人と絡むことに否定的でない私ですら感じた、この「日本の大学感」から脱しなければという想いに駆られました。

 

そんな環境で受ける授業はなんだか退屈で、ホスピへの興味も薄れていきました。AASでは私が興味のある観光業を学ぶというよりも、エアラインやホテルに関する接客業やアカウンティング、ビジネス(本当に苦手な教科)を90クレジット分取らなければならないので、それを避けるように、「芸術や理科の実験とか、楽しいことしたい!」というノリでAAに決めました。

 

さらに決めた当時は、2年間休学していた日本の大学へ戻る予定だったので、アメリカで取った単位を移行できない、ということになっていました。このタイプの留学生は大体AASを選ぶので(この理由は次のブログ記事で言及します)、少し不安がありました。しかし、後にアメリカの大学進学を挑戦することに決めたので、結果オーライでしたね。

 

という感じで、長々と書き連ねてしまいました。
気づけば1時間にわたるピアノクラシックのBGMが終わってました。久しぶりにピアノ音楽聴くと落ち着きますね。今年の夏にカナダのビクトリアで買ったティーと、Trader Joe’sのマンダリンオレンジのドライフルーツを食べることによって、どことなく外国っぽい雰囲気を作ることができます。
茶葉がもったいないから2回使い回したり、ドライフルーツを真夜中に一袋平らげることによって上品さのかけらも無くなりましたが。

 

明日の9時から、もうこれ以上遅刻を許されない授業が待ち受けています。ちゃんと起きれるか、本当に不安でしかありません。雨も強くなってきました。さすが、シアトルといったところでしょうか。うまく熟睡できる自信がありません。

 

本当は今日のスーパームーンについて書きたかったのですが、もう明日にします。


Airi Tabei

田部井 愛理(たべい あいり) 1994年生まれ。 世界一周、ロードトリップ(アメリカ西海岸往復、国立公園)達成。 日本の大学を休学し、シアトルへ留学。 アメリカ生活が楽しくなり、日本の大学を中退してアメリカのカレッジ(短大)を卒業。 現在はUniversity of Washington TacomaでArts, Media and Cultureを専攻。 トラベルライターを志す。

1件のコメント

Erika · 2018年12月24日 9:13 PM

早く起きてしまい、拝読してます。なんだか、いいです。私、学科を変更したいのですが、そしたらビザ取り直しなのかな。ゆううつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です